Thank you こなつ #1

こなつ1番Thank youこなつ

2021年8月23日わが家のアイドルこなつがわずか5歳で虹の橋を渡りました。

病気が発覚してからの18日間の記録です。

最近の僕は元気がない。ご飯も食べない。散歩にも行きたくない。

夏バテかな?

今年の夏は暑い。30度越えが連日のように続く、エアコンは付いているが玄関のタイルの土間の冷たさが気持ちいいい。パンテリング(*´Д`)ハァハァ

なんかお腹もパンパンなんだよね

病院へ行く

8月6日、やっぱり、ちょっと変だなということで、病院に行くことにした。何度来ても怖いな、今日も注射されるのかな?こわいよ~

診察

やはり先生もお腹の張りが気になったみたいで、エコーをすることになった。エコーをする前にお腹の毛を剃ってもらった。お腹がおかっぱになった。

エコーの診断で、信じられない言葉が伝えられた、肝臓が変形している、肝臓がんかリンパ腫の可能性が高いと。

はぁ?どういうこと?夏バテじゃないの?なんでそんなことになっているの?

とてもすぐに受け入れられる宣告ではなかった。

紹介

ここの病院では治療はできないので、隣町にある動物病院を紹介してもらった。とても腕のいい先生らしく、動物の腫瘍などにも詳しいらしい。

帰宅

家に帰ってきてみんなに報告した。みんな突然の報告に信じられなくて、そしてみんな涙した。

僕は生きているよ、どうしてみんな泣いているの?

5年前、以前飼っていたワンコも3歳半で亡くした。その教訓を生かして、毎年1回は健康診断を受け、食べ物にも気を使い、ちょっとおかしいと思えばすぐに病院に連れて行ったりした。今年の健康診断で、貧血気味だと伝えられ、もうすこし詳しく調べてもらったが原因はわからず、様子を見ましょうということになった。それからわずか3か月…

病院で検査を受けて疲れたのかぐったりと寝ているこなつを見ると、涙が止まらなくなる。今回もまたなんでもっと早く気づいてあげられなかったのか、今思えばたくさんサインを出していたではないか、そんなことばかり頭の中をぐるぐる回っている。神様お願い、1分1秒でも長く一緒にいさせてください。

自分がガンになったら、このブログを闘病日記にでもしようかな~と考えていた。それなのに先にこなつのことを書くことになるとは…

コメント

タイトルとURLをコピーしました