護られなかった者たちへ

護られなかった者たちへ今月の映画

今月の映画は【護られなかった者たちへ】を観てきました

ストーリー

東日本大震災から10年目の仙台で、全身を縛られたまま放置され〈餓死〉させられるという不可解な殺人事件が相次いで発生。

被害者はいずれも、誰もが慕う人格者だった。

捜査線上に浮かび上がったのは、別の事件で服役し、刑期を終え出所したばかりの利根(佐藤健)という男。

刑事の苫篠(阿部寛)は、殺された2人の被害者から共通項を見つけ出し途根をい詰めていくが、決定的な証拠がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた…

なぜ、このような無残な殺し方をしたのか?利根の過去に何があったのか?

やがて事件の裏に臆された、切なくも衝撃的な事実が明らかになっていく…

護られなかった者たちへ

衝撃と感動のヒューマンミステリー

10年前の東日本大震災と現在を行き来しながら物語は進んで行きます。

あの時のことをいろいろと思い出しながら見ていた。

私が住んでいるところは内陸部だったので、揺れは大きかった割に戸棚の茶わん一つ割れずに済んだ。

しかし沿岸部は壊滅状態、ラジオから聞こえてきた情報にがくぜんとしたのを思い出した。

3月なのでまだまだ寒く雪が横殴りに降っていたこともあった。

仙台ロケということもあり、見たことがある風景がひろがったりして親近感がわく映画である。

犯人もずっとこの人だろうなと思っていたけど、実は…

点と点がどんどん線でつながっていくところがとても面白く、運命ってどこかでつながっているんだなと思いながら見ていた。

容疑者・利根を演じた佐藤健の圧倒的存在感と演技力で初めから終わりまで魅了され続けた。

彼を追う刑事・笘篠には、阿部寛。いろいろな役にハマってしまうところが、スゴイ!

下町ロケット、ドラゴン桜にテルマエ・ロマエなど 本当はこれが本職なのでは?と思ってしまう。

現在朝ドラ【おかえりモネ】で主演の清原果耶、彼女の演技は気迫せまるものがあった。

ほかに、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遺都、永山瑛太、緒方直人と、豪華実力派キャスト・スタッフにより日本中を衝撃と感動で包み込むヒューマンミステリーが誕生。

明かされるのは、真実か、愛か。

待ち受ける衝撃のラストと、知られざる想いに涙する…

コメント

タイトルとURLをコピーしました