北海道6

愛車頑張りましたこなつファミリー

エピローグ

早いもので自分探しの旅も最終日となりました。新しい自分は見つかりましたか?新しい発見は見つかりましたか? 楽しすぎてそれどころではなかったよ

北の道の駅

道央圏の大動脈である国道36号線に面し、空の玄関「新千歳空港」海の玄関「苫小牧フェリーターミナル」に近く、道内はもとより国内外からのアクセスに優れた地域です。

北の道の駅
北の道の駅
とんちゃんのまん
とんちゃんの豚まん

「B」とんちゃんの豚まん

地元ブランド豚B1とんちゃんの生産者直営店で安心安全な食材を使い手作りしている

支笏湖を見に行ったが霧と雨で断念、千歳にあるウトナイ湖へ行ってみました

ウトナイ湖

ウトナイ湖は動植物の宝庫、野鳥の楽園ともいわれ現在まで250種類を超える鳥類が確認され、バードウォッチングや自然散策や自然観察など四季折々自然や野鳥との触れ合いが楽しめます。1982年に国定指定鳥獣保護区に定められ1991年国内4番目のラムサール条約の登録湿地となりました。

ウトナイ湖
ウトナイ湖

けがした白鳥
けがした白鳥

ホッキカレー

お昼はとまこまい場外市場に戻り遅めの昼食

苫小牧名物のホッキカレーは外せません。

ほっき外の出汁があふれ出て濃厚なお味でした。

ホッキカレー
名物ホッキカレー

さぁ、一路わが家へ

さらば北海道

少し早かったが特に行くところがなかったのでフェリーターミナルに到着。仙台便や名古屋便を待っている人たちが多くいました。

サンフラワー号
サンフラワー号
フェリーターミナル内部
フェリーターミナル内部

乗船

船内の様子

帰りは夜の航行なので個室を確保。バイクは乗船が一番早いので乗ったらすぐにおふろへ直行!

普段のベットは揺れることが無いので波に揺られると目が覚めてしまう。

客室は極狭

船内
船内はこんな感じ

八戸港到着

昨夜21時15分に苫小牧港を出発して、到着は4時45分。下船は乗船と反対でバイクは一番最後、地上に降りたのは5時を少し回った頃。北海道の余韻に浸りながら三陸道を南下して一路自宅へ

八戸港
頑張りました

今回の総走行距離約1200㎞

愛車よよく頑張りました。

まとめ

今回は道東を巡る旅をしてきました。また行きたいかと問われれば、もちろんまた行きたい! だってまだまだ見てない所はたくさんある。バイクもいいけど今度は車でもいいかな~雨が降っても寒くなっても無敵である。スピードの出し過ぎには注意が必要、いつ何時捕獲されるかわからないからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました